Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水を敬うこころ

沖縄で水にまつわる施設を見て周りました。

沖縄では、湧き水が沢山あり、
共同の水場(樋口 ヒージャー)や
神様に拝む拝所(ウガンジョ)として大切に扱ってきました。
今では失われつつある沖縄独自の石文化の粋を集めてつくられ、とても美しい。



風水の思想だろうか、自然の地形を読んでのことか?
曲線や軸の振れの造形が魅力的です。


戦争や水道の普及により、施設も精神も失われつつありますが、
繋ぎとめ、再生するするのも建築家の役目であると感じました。
スポンサーサイト

琉球

最後の琉球王のひ孫にあたる、井伊文子さんは、
彦根市に住まわれていました。

歌人として、また、青少年育成や社会福祉に尽力されていました。


私は、首里城の復元の仕事をするようになり、
「沖縄」「彦根」という共通点だけで勝手に親近感を覚え、
私の祖母と同じような年齢にも関わらず、
2回、手紙を書きました。

丁寧な直筆でご返事を頂きました。
本の出版の為に忙しくしているとのことでした。

先週、私は井伊文子さんと同じ町内に事務所の引越しをしまして、
機会を見て、ご挨拶にお伺いしたいと思っていました。
その矢先、訃報が届きました。

明るい平和な時代に育った私にとって、
重い時代も生きた人が亡くなる度、
寂しい気持ちに包まれます。

現代がだんだん、きれいなものだけで包まれてしまうようで、、、

安らかにお眠りください。


1170152683_photo.jpg
復元設計をした首里城書院・鎖之間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。