Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルテピアッツァ美唄

田舎の近くにある美術館の紹介です。
石炭採掘時代の廃校を利用した安田侃の美術館です。
DSC_9758.jpg
体育館では、ストーブで暖をとりながら作品鑑賞
DSC_9715.jpg
庭の雪景色は思わず、白黒写真で撮ってみたくなる美しさです。
DSC_9776.jpg
雪の帽子を被った彫刻です。
(この写真は5年前の写真です。今は彫刻を保護する意味でカバーがかけられています。 ちょっと残念。。)
IMG_3487.jpg
木造の教室に置かれた彫刻は赴きがあります。
DSC_9793.jpg
廃校といいましたが、実は私立幼稚園として現在も使われています。
彫刻美術館が園舎なんて素敵です。
DSC_9811.jpg
幼稚園の入り口も何気に彫刻が置かれています。
DSC_9805.jpg
森の中にも彫刻があり、とても神秘的です。
DSC_9840.jpg
毎年、少しづつ彫刻が増えており、最近設けられた林道の彫刻。
DSC_9850.jpg
美術館には、喫茶店も建てられて彫刻を見ながら、
名物?のぽんぽこパンをいただきます。
(この写真も5年前です。屋外に見えている黒い彫刻は今は冬の間は白いビニールカバーがかけられています。残念残念!)
IMG_3513.jpg
冬も良いのですけど、秋も紅葉が映えて美しいです。
変換-~-DSC_0743
夏は水が流れ、芝生の斜面がとても良いです。
そして、これが園庭だなんて、贅沢な幼稚園です。。。。
変換-~-DSC_0843
そして、拝観料はただ!
すばらしい!!

とても良い空間で、帰る度に訪れるています。
http://www.artepiazza.jp/
スポンサーサイト

イサムノグチ




今日は、
イサムノグチが最後に手がけたプロジェクト
モエレ沼に。
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/
地球を彫刻するといった通り
巨大なオブジェに気持ちもおおらかになごみました。




残念ながら、イサムノグチはこの基本構想を残して急逝。
でも、周りの人達によって完成されました。

写真中は「海の噴水」季節にもよるのですが、
1日数回の噴水ショーが行われ、
訪れたときはショートプログラムでした。
フルプログラムでは海のウネリつきです。。次回はそれを見たい。
http://www.welcome.city.sapporo.jp/moerenuma/seafountain.html





空飛ぶ家

フォト

中央線茅野駅にある、藤森先生指導で市民参加で造られた建物?を見学してきました。
7~8人で10日程で作られたという卵型の空間はワイヤーで吊るされています。

フォト

はしごで中に入ると、
テーブルを中心にベンチがあります。

フォト

人が動くと、
ゆりかごのように気持ちよく揺れます。
窓からは心地よい風が入ってきます。

フォト

素人の施工なので、ビスがよく見えます。。。
イベントでつくられたものなので、
あと数ヶ月後には解体とのことですが、
ちょと惜しいような。。。


フォト


ワークショップで描かれた子供絵です。

フォト

ツリーハウス

諏訪湖の近くに建築家藤森先生の自宅があり、
その自宅近くの丘に先生の茶室があります。

木の上なので、毎回、はしごを持ってきて中に入るのです。
この日は曇っていましたが、

茶室の窓からは八ヶ岳や諏訪盆地が一望にでき、
大人のロマン満載です。
フォト


フォト


茶室の近くにある守屋記念館。

フォト

どんぐりと呼ばれている、ねむの木学園の美術館。
どれも素朴な感じがとても良いです。
壁には、子供たち(大人も多いのですが宮城まり子さんの子供達)
が描いたお花がいっぱい描かれています。

フォト

フォト

フォト

フォト


あしびな~



一昨日は、琉球王府時代の美里御殿(みさとうどぅん)跡に建つ
食堂の中庭で夜中の3時まで飲んでました。
沖縄と言えども、やはり寒いです。



まちづくりについて、お話をしていたのですが、
気が合って、ご主人が持っている住宅(空家)を提供するから
ブランチ(支店)を出さないか?とのこと。
うれしい、お話です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。