Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイパーソニックサウンド

四番町スクエアでは、大橋先生こと、山城祥二(映画AKIRAの音楽を担当)が中心となって
「脳にやさしいまちづくり」が行われました。



自然界には、人間の耳では聴くことのできない高周波成分が沢山含まれています。

この研究で、自然界に存在する高周波成分を含む音は、
脳幹領域や、そこから、
前頭葉に向かって投射する美や快感をつかさどる
報酬系ネットワークを刺激されることがわかりました。

しかし、CDでの録音は、
人間の耳に聞こえる22kHz(ヘルツ)から低い周波数しか
録音することができません。

そこで、100KHzまでの高周波を含む音の録音再生技術(ハイパーソニックサウンド)を確立し、
世界で始めて実証実験がこのまちづくりで行われました。<



熱帯雨林で採取してきた音をベースにした「Environphony Ⅱ Yume Hikone」が毎日流されています。


6chのデジタルサウンドは、どこにスピーカーがあるかわからない程、街路空間に音が溢れています
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。