Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぞうさんのウンチ

スリランカでは象には神が宿り、大切にされてきました。
しかし、近年の森林伐採、都市化により様々な問題がおきています。

この象さん芝生マットは、そんな町に落ちている象のウンチを集めて乾燥させ肥料にして、
それを、ココナッツミルク工場から大量廃棄されるココ椰子の殻の繊維で
包みマット状にしたものです。

象と人間の新たな共存のきっかけになると良いです。



それを、日本に輸入し、
日本の休耕田を利用して農家の方に芝を育ててもらったものです。

そんなみんなが幸せになれる商品をひと目見ようと、
今日は山梨の農家にきました。

一面の芝生に生まれ変わった田圃は、不思議な感じです。
芝生を歩いているのは、企画した会社の社長さんです。

siba1b.jpg


購入した芝生マットは運んでもらえば良かったのですが、経費節減と
是非とも現場を見たかったので、
車でこの芝生マットを滋賀県に運びました。

車の中は土の匂いでいっぱいです。

....当然、天然ものですので、大量のナメクジ、ダンゴ虫、アリ等ワラワラとついてきます。

車の中が少し大変なことになってしまいました。

運んだ芝生マットはしばらく、滋賀の地上で養生をしました。
すると、大量の色鮮やかなゲジゲジの住処になってしまいました。
小さな虫たちもこの芝生マットが好きみたいです。

ゲジゲジには毒がありますので、厚手の手袋をはいて、
完成した大学の木材資材置き場の屋根に載せてみました。

もともと、林のなかにあって、緑に囲まれているので、
屋根まで緑にすることは無いという意見もありますが、


芝生の屋根に寝っことがると
気持ち良いです。


siba3b.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。