Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://habierta1.blog.fc2.com/tb.php/372-2ca387b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

六地蔵童子

四番町スクエアに、東京芸大の薮内佐斗司先生にお願いをしていた六地蔵が届きました。

以前、金沢のうるし蔵
http://www.jeims.co.jp/urusi-gura/
水の美術館
http://www.mizunokuni.jp/top2.html

で先生の彫刻を拝見して、先生のファンになりましたところ、
丁度、四番町スクエアで、ストリートファニチャーを考えたいと話があったので、
先生にお話を持って行ったところ、快く引き受けてくださり、
いつか、一緒に仕事ができればとの願いた叶いました。

当初、彫刻一体のつもりで先生のアトリエにお願いにあがったところ、
藩士が弾み、先生の方から、「六地蔵童子にしましょう。」と提案があり、六体になりました。


かわいらしいい地蔵童子はどこか、薮内先生似ています。
どのお地蔵様をどこに設置するかは、
実際に先生とお地蔵様を抱いて街中を歩いて決めました。

この後、先生は近くの床屋に入り、地蔵童子と同じきれいな坊主頭になりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://habierta1.blog.fc2.com/tb.php/372-2ca387b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。